Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

[第63章] 6月8日 ★旭川ー旭山動物園=(´_ゝ`)★

category - 北海道
2013/ 07/ 10
                 
雨も上がったので、今から富良野に向けてシュッパツゥ!!



63日目!!

DSCN5542.jpg

DSCN5544.jpg
ライダーハウス『タイムトンネル』で起床!!


さあー今日こそは本格的に旭川市内を観光しませう^^


つまり、旭山動物園へ!!




行きません(^ω^)



暑いから☆



この日もなんと旭川市は30℃に達する真夏日☆
こんな時に行っても、動物たちだってだらけていて、本来の姿が見れるわけないじゃない!!
旭川市にはもう一度来ようと思っているので、そこで行けばいいんじゃない?
その時期なら動物たちが暑さに対応しているだろうし
今は一人だけど、次の機会に行けばfujicoooooooh!!とゆかいな仲間たちで周れるかもしれないし☆
それに今日は土曜日で混んでるよ!!

す、すごい…自分でもよくこれだけの言い訳が思いついたものだ(;・∀・)

というわけで、旭山動物園はパスゥ!!

昨日いろいろ行きたいところも見つけてきたので、そちらを周ってみましょう☆

kaikan_summer[1]
まずやって来たのは「旭川市民文化会館」

この施設内にある「旭川市博物館」では、アイヌの歴史や文化について勉強できます☆
こういう資料館みたいなところに入るのは、北海道では函館以来かな?
アイヌのことについては、まだまだ教科書で得た知識しかないのでしっかり学んでいこうと思います(`・ω・´)


まず、「アイヌ」とは何か?
説明によると、「アイヌ語という独自の文化を持ち、北海道・サハリン(樺太)南部・千島列島などに先住してきた人びと」を指すそうです

旭川市がある上川盆地にも、ペニウンクル(川上の人びと)という名のアイヌが暮らしていたという

弥生時代以降、本州に住んでいた人びとは、ほかの大陸から渡って来た、いわゆる渡来人と混交していったのですが、アイヌは縄文人の血をより濃く受け継いでいると考えられています


DSCN5547.jpg

DSCN5548.jpg

DSCN5549.jpg

DSCN5550.jpg
写真うまく撮れてなくてごめんなさい…フラッシュ撮影禁止だったのです><


アイヌの世界観は、「神々との共生」
アイヌにとっての神(カムイ)とは、「人間に無い力を持ったものすべて」を指します
それには、動物や植物といった生き物だけではなく、山や川、風や太陽、さらには病気や飢饉のような災いさえも、精神を持つ「カムイ」として考えられているそうです

北海道の地名に「カムイ○○」というのが多いのは、それと関係しているっぽいですね^^

厳しい自然の脅威に毎日さらされているからこそ、このような「神に対する祈り」を生む風土ができあがっていたのかもしれませんね☆
科学が発展しきった現代では、神の力に頼ろう!!とはあまり思わないですからねえ…


DSCN5553.jpg

写真では伝わりづらいですが、いちばん興味深かったのはこちら!!
アイヌの活動圏についての話です☆

アイヌの交易活動は日本との間にとどまるものではなく、中国大陸やカムチャツカ半島にまで及び、各地の先住民と関係を結びながら、生活を行っていたようです

つまり、アイヌ世界を中継地点として、日本・中国・カムチャツカなどの北方世界など、さまさまな文化の交流が行われていたということです!!

アイヌなくして、当時の日本の発展は無かったんですね☆


DSCN5554.jpg
しかし、15世紀にもなると、アイヌの文化圏は、進出してきた和人によって侵され、「コシャマインの戦い」などが勃発しますね><
これに勝ち残った和人が、幕府から対アイヌ交易の独占を保証され、城下の松前は北方世界の産物を独占することになりました


DSCN5552.jpg
アイヌの文化や歴史が、マンガでわかりやすく説明されているのが良いですね^^


DSCN5557.jpg
ぬうん

アイヌの酋長がお出ましです!!
この銅像、ロシア製のコート、中国製の鎧、そして手には日本刀を持っています

つまり、交易によって富を得ることが彼らのステータスであり、これがアイヌの交易活動のいちばんの動機であるそうです


DSCN5559.jpg

DSCN5560.jpg

DSCN5562.jpg
アイヌの生活用品☆
ふつうにかっこいいのでほしくなっちゃいますね^^


こんな感じで、アイヌのことについてさらりと勉強したわけですが
新たな発見、たくさんありました!!


僕が今までアイヌについて抱いていた認識は、すごく大ざっぱですが、「和人による北海道の開発によって追いやられていった人たち」というものでした

ですがよくよく見てみると、独自の文化を形成し、各地と活発に交流を行っていたことから、一つの大きなコミュニティとして当時の世界に君臨していたんですね(=゚ω゚)ノ

先入観を持たずに、これからも学ぶ姿勢を忘れてはならない!!ということを実感しました☆


DSCN5565.jpg
次にやって来たのはココ!!
「平和通買物公園」というところ☆


DSCN5569.jpg
日本初の歩行者天国として有名な場所ですね^^
でも土曜日の割に閑散としてますが…


DSCN5572.jpg
「吾輩は犬である。名前はビクトリーム」
「ニャンだお前」


DSCN5576.jpg
こんなよくわからないモニュメントが多くあるので、歩いてて楽しいですね^^

DSCN5582.jpg
ここで一人のチャリダーを発見( ゚Д゚)
グレートジャーニー!!旅人か!?と思いきや、そうではありませんでした…

この方、翌年から自転車旅に出るため、時間がある日に練習を行っているそうな


「日本一周する予定ですか?」と聞いたら、


「ワシは韓国に行きたいんや!!日本はもうアキタンヤー!!!」
との返答(;´∀`)


世界に目を向けられている方でした!!すごいなあ…
僕にはまだまだ世界に羽ばたく自身はありませぬ><


DSCN5586.jpg
「男山酒造り資料館」ものぞいてみました^^


DSCN5596.jpg
「男山」は、日本酒造りで有名な場所
世界各国にここで作られた日本酒が輸出されており
外国人の日本酒ファンは、「男山」という地名を知っている人が多いそうです(';')


DSCN5594.jpg
酒造りの過程や、酒を造るために使われる道具の展示室なんかがありましたが
「ふうーん」といった感じでしたかね(;・∀・)
当然試飲もできず><


DSCN5597.jpg
ただ、湧水を頂戴することができます^^


DSCN5607.jpg
最後にやって来たのは、「あさひかわラーメン村」


DSC_0837.jpg
無駄にクオリティの高いベンチ

ここでラーメン食べてかーえろ☆と思ったのですが
財布の残金350円(・∀・)

わざわざお金おろすのも面倒なので、そのまま今日泊まったライハに帰宅ですハハハハハ!!




62日目 6月8日★まとめ

走行距離:44.6
総走行距離:3239.2 




↓ブログランキングに参加しています!!
 良ければクリックしてください^^え、クリックしない?もうクリックしたいって言っても、遅いんだからね!!嘘です遅くないですごめんなさい…
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。