Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

[第44章] 5月20日 ★BATTLE OF NAMAHAGE★

category - 秋田
2013/ 06/ 22
                 
自転車日本一周の冒険に出発してから、77日目…

北海道に入ってから30日…

日本最北の市稚内に入ってから12日…

ついに!!

最北端!!

宗谷岬に到達!!

ドンドンピューピューパフパフー☆

おそらく今、日本のいちばん北でブログを更新しているのはこの私!!

もう稚内に5泊も閉じ込められてて、もうたどり着けないんじゃないかと思いましたが

ついにって感じです!!

おかげで青空、そして夕陽を見ることができました☆

明日からは遅れを取り戻すために、ひたすらオホーツクを駆け抜けるよー!!



44日目!!

DSCN3625.jpg

道の駅「てんのう」からスタート!!

といきたいところなんですが…

DSCN3628.jpg雨( ;∀;)
あまり強くないんですが、病み上がりにはきついなーと思いながら出るタイミングをうかがっていると…

目の前を大量の荷物のっけた原付が通り過ぎていくではありませんか!!


マテーC= C= C= ┌(;・_・)┘ドドドドドドドドドド


DSCN3629.jpgこのオレンジのレインウェアがイカす彼は、佐山くん
滋賀県から原付で北上してきて、これから東北・北海道を周るようです☆
久しぶりの旅人との遭遇に、嬉しさを隠し切れませんことよオホホホホ(○⌒∇⌒○)

行先は一緒だけど、原付と自転車ではもう会えないだろうなあ…><
名残惜しいですが、ちょっと話してお別れです☆
小雨になったところを見計らって、出発!!

DSC_0964.jpgすこし走ると、巨大な鬼が行く手を阻んできます!!
こやつらがいわゆる「なまはげ」ですね☆
それにしてもでかすぎるわ!!

無駄に大きいなまはげたちを写真に収めてから自転車に戻ると…

DSCN3638.jpgパンクしてるー\(^o^)/
なまはげの覇気にやられてしまったとでもいうのか…

DSCN3639.jpg能登半島でタイヤが裂けた時、内側からガムテープ張って応急処置したところがだめになってしまったみたいですね☆

今回は男鹿半島で久しぶりのパンク…
半島運が無いっすね><もはや「半島」という言葉に恐怖すら感じております…(;´・ω・)


無事に直せたのですが、すでに時間は11:00を周っている


それはまずいよ!!なまはげと戦う時間がなくなっちゃうよ><
敵前逃亡などカウコワルイことはしたくないっすからね(..)
いざ男鹿半島の中心部へ!!

DSCN3650.jpg半島特有のアップダウンが始まるようになってきました( ;∀;)
それにしてもここらへんは、なまはげをこれでもかというくらいアピールしてきます

DSCN3649.jpgなまはげラインに

DSCN3653.jpgなまはげ大橋

ここまではまあ普通

だが

DSCN3642.jpgなまはげ宝くじ!!

DSCN3656.jpgなまはげ直売所!!

もうこれは
一般的ななまはげのレヴェルを超えているではないか(; ・`д・´)
許せない!!

なんでもかんでもなまはげってつければ
良いと思うなよおおおおおぉぉぉぉぉぉぉ!!

DSCN3661.jpgと、おたけびをあげながら進んでいると、なまはげ館に到着☆
叫んでいたのは、登り坂がきつかったからでふ…
自転車で来るときは注意してね☆

DSCN3663.jpgポストもなまはげワオーン

本日はここでなまはげについて勉強しようと思います!!
今のところ、「覇気で自転車をパンクさせてくるカイブツ」という認識しか無いですからねぃ(;_;)

DSC_0973.jpgしかし、なまはげ館の隣にある「男鹿真山なまはげ伝承館」というところで、なまはげの実演が行われるということなので、そっちを先に攻めてみることにしましょう!!

DSC_0974.jpg説明始まった

いろりを囲んで、おばあちゃんが秋田県男鹿市に伝わる「なまはげ」について解説をしてくれます☆
まずは「なまはげ」という名前の由来の説明から


なまはげとは、「生々しくはげている」の略称
つまり、あのコワーイ鬼の面を取ると、それはもう一目で「はげている」とわかることから、
「なまはげ」
という名前が付けられたのである!!




と、最初はそう思ってました(・∀・)




実際にはもっと深い意味がありましたん…




本当の「なまはげ」の由来は、「なもみ」を「はぐ」という言葉がなまってできているそうな…
「なもみ」とは、いろりに長い間いることによってできる、火傷のよう なもの
いろりに長い間いるということは、怠け者であることを意味します☆

これではいけません!!
そんな怠け者を更正させるために、その「なもみ」を、包丁で「はぎ」取らなければ(`´)
この「なもみ」と「はぎ」がなまって、「なまはげ」と呼ばれるようになったそうですよ^^言ってること伝わってます?(;・∀・)

DSC_0978.jpgなまはげ物語の始まり!!

なまはげは、基本的には2人1組で行動し、それに「先立ち」という役割の人が加わり、3人1チームで行動します
上の写真でブレているのが「先立ち」という人です☆

「先立ち」は家に入り、「なまはげがもうそこまできているが、入ってもいいか?」と、家主に尋ねるという任務があります(..)

その問いかけに家主がうなづくと…




ガンガンガンガンガンガンガンガンガン!!!!



突然の物音に心臓が飛び上がる!!
いやマジデ!!
外からいきなり障子のドアたたくなんて反則だろうがコラ( ゚Д゚)

その後すかさず


「うごおおおおぉぉぉぉ」


「うごおおおおぉぉぉぉ」


ものすごい雄叫び!!


DSC_0980.jpgと共に、なまはげが登場!!
そんな強く開けたら障子壊れちゃうお><

DSC_0982.jpg「なまはげ問答」と呼ばれるやり取りが始まりました!!
家主さんはお酒やごちそうでなまはげをおもてなしします^^


ここでなまはげさんのターン!!

なまはげさんが家主に対し
「元気にやっているか」
「仕事の調子はどうか」
などの質問を投げかけていきます('ω')

それらの質問を軽く受け流す家主さん!!流石に手馴れております☆

DSC_0986.jpgなまはげに脅えながら様子を見ているビクトリーム!!

しかしなまはげも負けてはおりません☆

上の写真をご覧ください!!
なまはげが何か手帳のようなものを持っております^^

これをもとに、きつい質問を浴びせてきます!!

「働いて得た金で毎日飲んだくれているんじゃねえのか」
「娘はカラオケばっかに行ってて門限を守れてないんじゃねえのか」

だんだん話が脅迫めいていき、家主さんもタジタジになってきました(;´Д`)
最終的に、なまはげは家族に対し、もっと真面目に生活しなさい!!というメッセージを残し去っていきました…




と、思いきや!!



こっちに向かってきたー!!



「あぞんで、ばっがり、いねえええがああああぁぁぁぁーーーーー?」



ぴぎゃああああぁぁぁぁぁぁぁぁ



DSC_0988.jpg必死に盗った一枚

あんなでっかい化け物に胸ぐらをつかまれ


「ぢゃんどはだらいでっかあああぁぁぁぁぁーーーーーー?」


と包丁を持って迫られたら



「ニートでごめんなさいいいいいいぃぃぃぃぃぃ働かせてくださいいいいいぃぃぃぃ!!」



という気持ちにならざるを得ないっす(;´・ω・)


でも、このなまはげさん、ただ単に人を脅して恐怖のどん底に突き落とそうとしているわけではないのです☆


この一連の実演からわかるように、その真の姿は、人々の厄を払い、そして家庭の暮らしぶりを改めさせるために集落を回る正義のミカタなのでした!!


なまはげさん、あなたのことを誤解してました!!すみません><


でもあれを幼少期に見せられ ていたら完全にトラウマになっていただろうけど(´・ω・`)



なまはげの実演を体感した後は、もっとなまはげのことを勉強するため、なまはげ館に入ってみましょう^^


DSCN3669.jpg

DSC_0994.jpg

DSC_0995.jpg

集落によってなまはげの種類が異なることを学んだり、なまはげに関する芸術を楽しむことができました☆
ビデオ鑑賞では、子どもがパパママの助けを求めて泣きじゃくっていたのが印象的だったな(;・∀・)
柱から引きはがされてどっか連れてかれちゃってました…


DSCN3680.jpgなまはげを威嚇するビクトリームちゃん

DSCN3681.jpgこうなった

DSCN3686.jpgさあ後は男鹿半島を一気につけぬけるよ!!
と言いたいところですが、やはりアップダウンが激しい…雨も降ってくるし…
これ外側全部周るのはさぞ大変でしょう><


やっとこさ男鹿半島を抜けてから次に待ち受けるのは



八郎潟干拓地!!


この辺りには以前、琵琶湖に次ぐ面積日本第二位の湖、「八郎潟」があったのですが
戦後、秋田県内の農村では、働き口の無い者があふれていたため
懸案だった食料自給問題と人口過剰問題を解決するために
干拓事業が進められていったそうです('Д')

この八郎潟干拓地、何が特徴かと言いますと

DSC_0006a.jpg

DSC_0007a.jpg

DSC_0012.jpg


景色がカワラナーイ\(^o^)/



碁盤目状に道が通っているのですが、直線道路が延々続く!!
北海道に来て直線道路にはもうだいぶあきあきしていますが、当時はこんな道路走るの初めてだったので、テンションは上向きカーブ矢印☆


DSCN3698.jpgけどやっぱり眠いししんどくなったので食パン食べる('ω')

DSCN3701.jpg飽きたからってこっち見んな

DSCN3708.jpgなんとか八郎潟を抜けたけどすっかり夜!!
本日の寝床、道の駅「みねはま」に到着☆


 44日目 5月20日★まとめ

走行距離:83.0
総走行距離:2360.9

出発地:道の駅「てんのう」
到着地:道の駅「みねはま」


明日は世界遺産、白神山地へ!!伝説の青い池を無事に拝むことができるのか!?
そして青池の中から、fujicoooooooh!!の前に救世主が現れる!?


↓ブログランキングに参加しています!!
 良ければクリックしてください^^ぢゃんど、ぐりっぐ、じでっがああぁぁぁ!?
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。