Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

【第219章】 12月3日 ★「水俣」と聞いて思うこと★

category - 鹿児島→熊本
2016/ 02/ 23
                 
            

219日目!!
219 3200(1) (4)

219 3200(1) (2)
「阿久根市内の公園」からのスタート!

一つ言わせてください…。

サ ム ス ギ ィ ( ;∀;)


いつの間にか本土がこんなに寒くなっていたなんて><
氷点下まで下がるなんて聞いてないですよ。
九州だったら日本本土のうちで南にあるからまだいいっしょ^^って思ってた昨日までの自分を殴りたい!

上着を一切持ち合わせていないので、一刻も早く確保しなければなるまいな…。


219 3200(1) (5)
A-Zに寄り道
昨日の説明のとおり、24時間営業ですからね。タスカル!

219 3200(1) (6)
朝メシと昼メシをGET◎

219 3200(1) (7)

219 3200(1) (8)
ゴリラと闘いながら進みます!

今日も3号をひたすら北上の予定。しばらくすると、

219 3200(1) (14)
熊本県突入!
陸路で県境をまたぐの久々^^宮崎→鹿児島以来だから、およそ3週間ぶりかな?

年内ゴールを目指すとなれば、ほぼ毎日のペースで県境を越えそうだな(;´∀`)


219 3200(1) (15)
道の駅「みなまた」


219 3200(1) (16)
ここには24時間開放されている休憩スペースがあるのですが、

219 3200(1) (17)
宿泊はご法度のようです><
外にテント張るのは問題ないのかな?

ま、まだお昼なので泊まることはないですけど…

219 3200(1) (18)
お土産コーナーはクマモンに占拠されている(+o+)
ゆるキャラが好きでけっこう集めたりもするんですが、奴だけはあまり好きになれません><

なぜなら、クマモンが蔓延することで、熊に対するリアルな認識が薄れてしまい、日本の治安低下を引き起こすと考えているからです!
リアルな熊はあんなもんじゃないっすよ。人間を食い殺すのだから!
あのクマモンの存在全てが熊をナメてるとしか思えない!

でもプーさんは好き^^

219 3200(1) (19)
「水俣市立水俣病資料館」

みなさんは、「水俣」と聞いて何を思い浮かべますか?

先ほど熊本県に入ったと同時に、カントリーサインに書かれているとおり「水俣市」に足を踏み入れたわけですけれども、まず頭をよぎったのが


「あぁ、あの公害のとこね」

という所感でした。


小学校から高校までの社会科の授業で何度も出てくる「水俣病」

これについて学ぶために、資料館を訪れました。

館内は撮影禁止のため、施設の周囲にあった風景を取り上げながら、僕がここで思ったことを書いていきます。

219 3200(1) (20)
まずこの施設の概要を

「水俣市水俣病資料館」は「水俣病」の貴重な資料を後世に保管しています。
その目的は、水俣病を風化させないこと。
世界のどの地域でもこのような悲惨な公害が発生してほしくないという思いから、病気の原因、内容が展示されているだけでなく、水俣病患者の痛みや差別を受けたつらい体験を伝える語り部も常駐しています。
1995年1月にオープンして以来、公害学習・環境学習だけでなく、人権教育の場としても活用されているようです。


219 3200(1) (21)
1950年代、熊本県水俣市で原因がわからない病気が発生しました。
手足がしびれたり、カラダがふるえたり、言葉がしっかり話せないなどの症状があらわれたのです。
ひどい場合は意識不明になったり亡くなることもありました。
当時、この病気がなぜ発生したのかわかりませんでした。そのため、地域の名前をとって「水俣病」と名づけられました。

そして原因が判明したのが1960年代。
「チッソ」という企業がビニール製造に必要な原料(アセトアルデヒド)をつくるときに発生した「メチル水銀」でした。

とまぁ、ここまでは社会の授業で学習することですよね^^教科書に載ってます。
「水俣病」とか「メチル水銀」だとかそういったことを知ってれば、ペーパーのテストで点をとれるわけです。

でも、僕が「水俣病」について大事だと思うのはその後のことなんです。

つまり、病気自体の原因、対策、治療法がわかって終わりではいけないということ。
「水俣病」という名称がもたらした社会への影響を考える必要があるのではないでしょうか。

その中でもいちばん大きいと感じたのは、「水俣病が風評被害という言葉の先駆」となったという事実。

福島の原発事故を機によく耳にするようになった「風評被害」という言葉。
現在でも、「福島の車は帰れ」などの根拠のない差別や偏見が起きています。
でも遡ってみれば、ここ水俣市は、それを50年前から経験してきたんですよね。
こういうのって、「正しい情報」が伝わっていないことが原因だと思います。

水俣市は風評被害に耐えながらも復興を成し遂げました。
1997年、熊本県知事が「水俣湾の安全宣言」を行い、魚を釣って食べたり、泳いだりすることもできるようになり、「環境都市」の称号を得るに至っています。
こうした「水俣病」の事例から、学ぶべきところがたくさん見えてきますね!


219 3200(1) (22)
そして最後に、今でも覚えている、資料館のスローガンとして掲げられていた言葉。

「起きたことに学び、ここに生きる希望を作る」

このような姿勢を持つことを意識しなければ、人類に22世紀は来ないと僕は思っています。

ちょっと水俣病のことでも勉強しとこうかな、という軽い気持ちで入ったのですが、たくさんのものを得ることができたような気がします◎

219 3200(1) (26)
「水俣市立蘇峰記念館」

徳富蘇峰・徳富蘆花兄弟の遺品や著作を取り扱っている資料館です。

僕が大学院にいた時、徳富蘇峰の文献を読んでレポートを書いた記憶があったので、ちょっと気になって寄ってみました。
彼は明治時代後期から昭和にかけて活躍したジャーナリストです。
日本の近代化とその挫折を見ているということで、日本近代史を研究するためには彼の著作は欠かせないのだ!

展示物には、蘇峰が27歳で発行した『国民新聞』や、明治のベストセラーとなった『将来之日本』などがありました。
弟、蘆花の水彩画コーナーもあったんですが、あまり興味がわかなかったのでチラ見しておしまい><


219 3200(1) (29)
写真は何枚か撮ったのですが、資料の写真を並べてもつまんないので載せません><
銅像の写真でお茶を濁そう(;´∀`)

219 3200(1) (31)

219 3200(1) (32)

219 3200(1) (33)
あとは寝床までシャーッと走ります!
12月に入って、日も短くなってますからね…17時にはもうだいぶ暗いですよ。
冬至に向けてこれからさらにそうなっていくとなると、気が重いなぁ。


219 3200(1) (34)
日没と同時に、道の駅「たのうら」へ。
この道の駅、24時間の休憩スペースがあると聞いてます!

219 3200(1) (35)
お!

219 3200(1) (38)
あった^^ここだ!
休憩室付きの道の駅ってたくさんあるんですが、珍しいのはコレ↓

219 3200(1) (37)
「宿泊を許可する」というメモが堂々とあるのは初めてのパターンです(; ・`д・´)
そもそも道の駅での宿泊自体、グレーゾーンですしね><先ほどの道の駅「みなまた」には、宿泊禁止の張り紙がありましたし。
こうしてわざわざ書いてもらえると安心感パネェッス!

しかも許可とれば長期滞在もOKなのか^^

219 3200(1) (36)
マンガも常備されてる。古いけど(*_*;
常連客が寄付してるのでしょうか?

そろそろ晩御飯を食べよう、ということでチャリに戻ると、

219 3200(1) (39)
ハンドルになにか袋がかかっているぞ!?

219 3200(1) (40)
むむ!?

219 3200(1) (41)
袋の中身は、売れ残ったであろう弁当とサラダが!
ここで無銭宿泊を試みようという薄汚いカスニートのために…( ;∀;)
阿久根と同様、やさしい道の駅ですね^^

周りにスタッフが見当たらず、直接お礼を言えなかったのが残念です。

219 3200(1) (42)
弁当は明日の朝食べましょう◎
いただいたサラダと、A-Zで調達した激安の餅入り巾着が今晩のメニュウです。

この巾着ヤロウ供を…

219 3200(1) (43)
こうして…

219 3200(1) (44)
こうだ!
おなかを満たして、畳の休憩スペースで就寝です。


216日目 12月3日★まとめ

走行距離:67.2
総走行距離:12086.3

出発地:阿久根市内の公園
到着地:道の駅「たのうら」

明日は熊本市へ!
熊本で活動している大学時代の仲間との再会です◎

ブログランキングに参加しています!!良ければクリックしてください^^ 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。