Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

[第190章] 11月4日 ★金子みすゞと角島★

category - 山口
2014/ 01/ 25
                 
190日目
190 3200(2)

190(4).jpg
道の駅「萩しーまーと」からのスタート!!

雨あがったワーイ^^


190(5).jpg
僕が起きた時、オサダさんとアオイハリーさんはテントを片しているところでした(;゚Д゚)
出発はやーい^^さすがは日本一周チャリダー&カブダーだ!!

二人を見送って、ぼくも出発します◎

 

190(10).jpg
何往復もした「維新ロード」を通って萩市を後にします。
萩市、期待していた通り、歴史の息吹を感じることができる魅力的な都市でした!!
日本一周で訪れた都市の中ではトップクラスに好きっす(´▽`)

今の日本の仕組みを作ったと言っても過言ではない萩市…
人の心を動かす何かが眠っているであろうこの街に、また必ず来たいなぁ^^


190(13).jpg
今日は長門市を経由して、角島の近くにある道の駅を目指します(*'▽')
明日には九州に入りたいと思っているので…下関までの距離をジワリジワリと縮めていかねば!!

しかし萩の市街地を抜けると、


190(17).jpg

190(22).jpg

ジェジェッ…
登り坂が多いな(; ・`д・´)
この辺りは自動車道が多く、迂回させられて山道をとおるはめになります><

190 3200(3)
でも眺めは爽快◎
今日も天気良くないけど(;´・ω・)


190(19).jpg
道の駅「萩さんさん三見」にピットイン
以前も書きましたが、2連泊した「萩しーまーと」、松陰記念館に行きたいがために寄った「萩往還」を含め、萩市には道の駅が3つもあるんですね^^そんなに集中させんでも…

でも宿泊に使うなら、「萩しーまーと」が断トツです。
他2つがテントはみ出る軒下しか無いから比べるまでもないんですけど(;´Д`)


190(23).jpg

190(24).jpg
長門市に入りましたが、市街地に至るまでは山道が続きます…
山陰の中ではこの辺りはきついところかも知れませんねぇ><
三陸リアスやヤンバルの森に比べたら全然大したことないんですけどね◎

190(25).jpg
眺めの良い道をジョバジョバーと進んでいって、長門市街地へ向かいましょ◎

長門市と言えば、

190(27).jpg
大正時代に活躍した童謡詩人「金子みすゞ」の出身地なんですね^^


190 3200(4)
市街地の近くには、「金子みすゞロード」があります(^◇^)

190 3200(5)
ここをまっすぐ行くと、途中にあるのが「金子みすゞ記念館」

金子みすゞの実家「金子文英堂」という本屋の中にあるみたいですね^^

実はここ、山口県で萩市と並ぶくらい、絶対に来たいところだったんです!!
小学校の国語の授業でいちばん心に残っているのが、金子みすゞの代表作【私と小鳥と鈴と】を取り扱ったやつで、
それから図書館行くたびに詩集を読み漁ってたらファンになってしまったんす(*´▽`*)



震災後にいろんなところで報道された【こだまでしょうか】は、記憶に新しいですね。

【こだまでしょうか】や【私と小鳥と鈴と】など、子どもの世界を歌った詩人と思いきや、実際には「自然」とくに「海」に関する詩が多くありました。



【大漁】─────────────────

朝焼 小焼だ 大漁だ。

大羽鰮(いわし)の 大漁だ。

浜はまつりの やうだけど

海の中では 何万の

鰮の とむらひするだろう。

─────────────────

人は大漁を喜ぶけど、鰮にとっては悲しい弔いになる。
大漁の風景を、魚の視点からとらえています。
当時このような視点の詩が書けたのは金子みすゞだけと言われていたそうで、このように「いろんなできごとを、どの立ち場からでも描写できる」ことが評判となり、この作品をきっかけとして、詩人として一躍有名になります。

弱いものを強いものと対比させ、それを浮き彫りにする。
気づけないことに気づかせてくれ、ハッとさせられる、そういう温かい眼差しから読まれる詩が、魅力の一つですねぇ(*´▽`*)


それを象徴するようなこんな詩が!!
心に残った作品を挙げたらきりがないですが、特に僕が大好きなやつを2つだけ紹介します^^


【積もった雪】─────────────────

上の雪
さむかろな。
冷たい月がさしてゐて。

下の雪
重かろな。
何百人ものせてゐて。

中の雪
さみしかろな。
空も地べたも見えないで。

─────────────────


ここで金子みすゞが思いを寄せるのは、表面からは見えない内側の雪のこと…
普通に生活していたら絶対気にしないでしょ(;・∀・)


詩集『星とたんぽぽ』より─────────────────

夜がくるまで 沈んでる。
昼のお星は 眼に見えぬ。

見えぬけれども あるんだよ。
見えぬものでも あるんだよ。

─────────────────

目には見えない、昼間に出ている星に着目しています。
シンジラレナイヨ…


誰も気づかないことを発見し、さらにそれを深く見ているような…
思いがけない視点で、常識がひっくり返されてしまう…ほんまにすごいパワーを持った詩がなぜこんなに書けるのやら(;゚Д゚)

金子みすゞの詩は、今や画家、作曲家、いろんなアーティストに影響を与えていると言われています。


感性豊かな金子みすゞですが、私生活は壮絶なものでした。
夫の遊郭通いがたたり、性病を移されたことが原因となって創作活動が次第にできなくなり、
さらには夫から詩を書くことを禁じられ、最後は睡眠薬を大量に飲み、26歳という若さで自殺してしまいます…。


かなりくわしく紹介しましたが、それだけ僕は彼女の世界観が好きなんです(*´▽`*)
記念館自体は撮影禁止で写真はありませんが、金子みすゞの実家がそのまま再現されているスペースや、年表、詩集の紹介など、充実していました!!
他にももっともっとたくさんの、心が温かくなるような良い詩に出会えたり、それが生まれた背景なども知ることができます!!
長門市に訪れた際は、是非、寄ってみてください!!


190 3200(10)
みすゞロードの終着点には、金子みすゞのお墓があります。

生きていたらもっと、いろんな感動を生み出していたのでしょうが…
お墓参りして、出発です!!これからもみすゞちゃんの作品に触れていきたいですね^^


190(68).jpg
さあ、後は角島を経由してヒョイヒョイ走るだけ!!
山口県特有の、黄色いガードレールに沿っていきましょう^^

190(66).jpg
下関市にin!!
ついに本州最西の都市に入りました^^

今日はあと、角島大橋をヒャッハーと走るというミッションが残されているのですが、

190(72).jpg
やばい日が暮れてキター!!
しかもこの辺りも安定のアップダウンだしよう…
金子みすゞ記念館で時間使いすぎた僕が悪いんですけどね((+_+))


190(75).jpg
なんとか真っ暗になるまでには橋を渡り始めることができました。

190(74).jpg


190 3200(12)

190 3200(15)

190(76).jpg
一日曇りだったので雲がすごい出てますけど、夕陽が沈むタイミングにも間一髪!!

良かったー(^^;)


190(80).jpg
角島自体には興味があまり無い、というかもう暗いので、ちょろっと入口だけ散策してUターンです◎


190 3200(17)
ただこの角島大橋、快晴の時にシャーッと走り抜けた方が楽しいでしょうねぇ(';')
それにしても風強すぎィ!!


190(88).jpg
完全に日が暮れてから、角島からちょっといったところにある道の駅、「北浦海道 ほうほく」に到着。
本州四端協定があるらしく、本州最東の市、宮古市との友好関係があるということでこんな張り紙が。
被災地で過ごしたことを思い返したりしていました(`・ω・´)

比較的新しくできた道の駅ということで、とてもキレイ!!


190(94).jpg
さすがに11月の山陰はサムイなー><
新潟から実家がある熊本まで歩いて帰省するというぶっとんだトホダーの方がいらしたので、少し話して就寝です^^



190日目 11月4日★まとめ


走行距離:81.9
総走行距離:10367.4 


出発地:道の駅「萩しーまーと」
到着地:道の駅「北浦街道 ほうほく」


次回、本州最西端の地を踏んで、ついに九州上陸デス!!


ブログランキングに参加しています!!良ければクリックしてください^^ 
鈴と、小鳥と、それからクリック、みんなちがって、みんないい。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

すごいいい詩じゃないですか!
文学とかわからないけど、面白い。
雪のやつがなんだか、せつない(´;ω;`)
Re: タイトルなし
>サチコマン

> すごいいい詩じゃないですか!
> 文学とかわからないけど、面白い。
> 雪のやつがなんだか、せつない(´;ω;`)

だら!!僕も文学はサパーリですが、みすゞちゃんの詩には心にふれるものがある!!
サチコマンはああ見えてけっこう繊細なのかもしれないですね^^
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。