Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

[第188章] 11月2日 ★長州の遺産★

category - 山口
2014/ 01/ 22
                 
188日目!!
188 3200(1) (3)

188(1) (3)
道の駅「ゆとりパークたまがわ」からのスタート!!
久々のテント泊でした(*'▽')


188(1) (7)

188(1) (9)
バイカーのお姉さんと別れた後は、向かいにあるポプラで朝ご飯です^^
やたら色のうっすーいポプラだったけど、歴史ある萩市の景観を壊さないためなのかな?

カレーうまーい


188(1) (14)
さあ、今日は萩市の中心部に切り込んでいきます。
萩市、自転車日本一周中に行くのが楽しみな都市BEST3に入るくらいなんです!!

日本史では幕末がいちばんロマンがあって好きなんですけど、萩市には幕末の日本を動かした長州藩の遺産が盛りだくさんですからね(^v^)



というわけで、今日のブログはやたら長くなりそうだ…><
歴史に興味かったらめちゃくちゃたるーい感じになると思うけど、許してね☆


188(1) (29)
ムムッ!!

188 3200(1) (7)

188 3200(1) (9)
この辺りは海がめちゃくちゃきれいだぞ!!
あの「シャコタン・ブルー」をしのぐほどではなかろうか!?(4回目)

あんまり寄り道する時間無いのに思わず海岸に下りて来ちゃった(;'∀')
別にこの海、名前も何もついてないとこなんですけど、とても美しい場所でした。

旅をしてると何気ない日常の中に感動がたくさん落ちていることがわかります。
名所や観光地に行かなくたって、それはそこらじゅうに落ちていて、

いつもと変わらない空の青さだったり、日没の時刻になれば沈んでいく夕陽だったり、夜になると顔を出す星の明るさだったり…それこそ毎日チャリこいでるといろんなものに出会えます…

でも、そーいうもののほとんどが別に旅をしていなくても出会えることだったりするしますから、旅しててもしてなくても同じことなのかも知れませんね(*^^*)
ゆーじろーさんもよく書いていましたが、僕も自転車日本一周に出かけてから、「世界はいつだって美しい」ということがちょっとずつわかってきたかな?

これからも常にアンテナを張りながら、おもしろく生きていきたいですね!!

188(1) (31)
そんな柄にもないことを考えながら走っていると、道の駅「阿武町」到着。

188 3200(1) (15)
今日泊まった「ゆとりパークたまがわ」と並んで、道の駅の実験が行われたところです^^

188 3200(1) (18)

188 3200(1) (19)

188 3200(1) (20)
萩市の中心部に入ってくると、こーいう歴史を匂わせる感じの所が多くなってきます。
長州藩の拠点となっていた萩市は、維新を主導する多くの人材を輩出しており、幕末の歴史を動かしていくこととなるのです!!

そんな萩市でいちばん有名な観光地と言ったらここかな?


188 3200(1) (22)

188 3200(1) (24)
「松陰神社」
あの、吉田松陰が祀られているところですね^^

僕がなぜ自転車で日本一周をしようと思ったか?それはこの吉田松陰にインスパイアされたというのがとてつもなくでかいです!!

もともと兵学師範だった吉田松陰は、海防の状況の調査、当時の外交の窓口であった長崎・平戸などで国際情勢を学ぶ中で、国防の危機を察知します。
「視野を世界に広げなければならない」という思いから、下田からアメリカへの密航を企てますが、その計画は失敗に終わります。
書物や伝え聞いた話だけではだめだ!実際に異国を見なければ!!という思いがあったからかどうかはわかりませんが、その行動力は計り知れないものがあるでしょう。



188 3200(1) (38)
鳥居をくぐると石碑が。
松陰辞世の句が載っていました。

「親思う こころにまさる 親ごころ きょうの音づれ 何ときくらん」

尊王の大義を唱えていた松陰でしたが、それが幕府を刺激してしまい、いわゆる「安政の大獄」で捕えられてしまいました。この歌は処刑前に、郷里の両親に宛てたものとされています。

松陰は処刑されてしまいますが、彼の教え子たちが、維新の原動力となっていくのです!!

188 3200(1) (26)
「松下村塾」

密航失敗後、松陰は萩に戻って人材育成に励みます。


188 3200(1) (28)
講義室のようす。


188 3200(1) (25)
ここで学んだ人たち。
半数以上が、日本史の授業で登場する超有名人たちですね(;'∀')


188 3200(1) (34)
これが本殿かな?

神社自体はちょろっと散策して終わりです!!
まだまだ見に行きたいところが山ほどありますからね◎この近くにも松陰ゆかりの地があるということで、行ってみましょう^^

それにしても、次の大河ドラマが吉田松陰の妹「文」が主人公ということで、来年からはすごい人がくるんだろうなー…


188 3200(1) (44)
「吉田松陰の墓」

お墓参りをしましょう。
お墓自体を撮るのはどうかなーと思ったので、写真はありません><

188 3200(1) (56)
「吉田松陰誕生地」
墓から歩いていける距離にあります。

188 3200(1) (54)
萩藩士杉家の旧宅地で、松陰は杉百合之助の次男としてここに生まれ、19歳までここで過ごしたそうです。


188 3200(1) (52)
近くには銅像が◎
これは密航を企ててるとこですね!!弟子が必死に止めようとしてる(^<^)

松陰関連のところはひとまずこの辺で終わらせるとしましょう!!
明日もたくさん行きますが(;^ω^)


188 3200(1) (62)
「伊藤博文旧宅」
初代内閣総理大臣、伊藤博文(俊輔)が住んでいたとこですね!!

188 3200(1) (59)
これも近くに銅像が◎
彼は農家の出身だったのですが、身分を問わない松陰の松下村塾で学び、長州藩士として尊王攘夷に奔走するのです!!
身分制度が無くなるというのはすごいですねぇ…まあ明治前期の政治は藩閥政府(維新に功績があった者が優遇される)だったんですが(;´Д`)


188 3200(1) (63)
カッコイイ名前の道をサクサクーと走り…

188 3200(1) (64)
「明倫館跡」
長州藩の藩校で、萩市の他に山口市にもあるそうですよ^^

萩市の明倫館は、小学校の敷地内になってたから入りづらかったな(;・∀・)


188 3200(1) (85)

188 3200(1) (67)
「萩城城下町」のゾーンに入って来ましたよ!!
萩市ではここがいちばん雰囲気良いとこですね^^その分観光客も多いですが><

長州藩出身の人で、この人を忘れてはなりません!!


188(1) (118)

「寄りすぎィ!」
はい、高杉晋作さんです(´▽`)
言わずと知れた、長州藩の倒幕運動の指導者!!
身分にこだわらない兵隊組織「奇兵隊」を創設したのは、当時の情勢から見たら画期的とされています。吉田松陰に学んでいたわけですから、そういう発想が出るのも自然なことかもしれませんね^^
日本を変えるために奔走するのですが、病にかかり、新しい日本の夜明けを見ることなく、亡くなってしまいました。

そんな高杉晋作に関連したところがこの辺りにはたくさんありますよ!!

188 3200(1) (69)
広場には銅像が^^

188 3200(1) (74)
たまには一緒に写っておきましょう(´▽`)

188 3200(1) (75)
「高杉晋作誕生の地」

ここは高杉晋作の生家として公開されているので、入ってみることにしましょう^^


188 3200(1) (77)

188 3200(1) (80)

188 3200(1) (81)
当時の手紙とか私物が展示されていて、史料が充実していてだいぶ楽しめました^^
萩城下町の施設は、入場料として100円かかるところがほとんどですが、歴史好きだといつのまにかものすごい観光費になってしまいそうだ><

188(1) (129)
「木戸孝允誕生地」
長州藩尊王攘夷派のリーダー的存在だった人物ですね^^「桂小五郎」から何度も名前を変えてるようですが、坂本龍馬の斡旋で薩長同盟を成立させたこともあり、明治新政府でもトップの座についていたので、高杉さんより知名度は高いのかな?

ここも旧宅が公開されていたんですが、閉館のため断念(-_-)



188 3200(1) (91)
「久坂玄瑞誕生の地」
久坂玄瑞(くさかげんずい)、ご存知でしょうか?
日本史の授業で出てこないので、あまり知られてないのかな?

188 3200(1) (92)
僕は大河ドラマ『龍馬伝』でその存在を初めて知ったのですが、彼も長州藩の重要人物ですよ!!
長州一の秀才と松陰から認められていたそうで、松下村塾で学んでいた松陰の弟子の中でも「松門の双璧」として、高杉晋作と並び、特に優れた人物と評されていたみたいです◎

そしてこれから彼がクローズアップされる時代がやってくる!!
なぜなら、さっきちらっと言った吉田松陰の妹「文」は、この久坂玄瑞と結婚することになるんですね~
もうすでに今から来年の大河見るのが楽しみだ(●^o^●)


それだけでなく、この久坂玄瑞が「坂本龍馬」を生んだとも言われています。

龍馬が土佐勤王党という組織に所属していた際、そのリーダー武市瑞山の手紙を届けるために萩を訪れた際、久坂玄瑞と対面するのですが、玄瑞は龍馬に、松陰の唱えた『草莽崛起論』(日本を変革するのは草の根に隠れている自分たちで、変革という大義があれば藩は滅んでもかまわないという考え方)を説きます。

うーん…なかなか過激な思想ですねこれは(;゚Д゚)

しかし、龍馬はこれに共鳴し、萩から帰った直後に土佐を脱藩!!
後に維新の主導者として、歴史の舞台に姿を現すようになっていくというわけです…

「歴史」はそのとき起こったことが積み重なって現れます。
なので知っても知ってもきりがないものですが、そういうつながりがあったことを考えるのはとても興味深いですね◎


188 3200(1) (93)
「山県有朋像」
戊辰戦争で新政府の参謀を務めた経歴があり、後に内閣総理大臣にも就任します。
その後、日清戦争・日露戦争でも指揮を執たこともあり、ずいぶん長く日本を支えているんですね!!

いかん、萩市は細かく周ってたらきりがないなー(*_*)


188(1) (140)
すっかり暗くなったところで来た道を逆戻りし、道の駅「萩しーまーと」へ

188(1) (143)
日本一周チャリダー(左:オサダさん)と、カブダー(右:アオイハリーさん)の方がいらっしゃったので、楽しくしゃべって、テント張って就寝です◎


久々にガツーンと観光でした!!まぁ明日もそんな感じになるんですけど(;´∀`)




188日目 11月2日★まとめ


走行距離:55.4
総走行距離:10263.4 

出発地:道の駅「ゆとりパークたまがわ」
到着地:道の駅「萩しーまーと」


明日は一日雨予報;つД`)
雨宿りしつつ、引き続き萩市観光です^^

ブログランキングに参加しています!!良ければクリックしてください^^ 
あんたまだ生きてるんでしょう!?だったらしっかり生きて!それからクリックしなさい!!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

萩楽しみやわ〜(*^_^*)
奇遇にも今、萩藩のご先祖様の元就のお膝元吉田郡山にいるんだよね。元就の活躍、関ヶ原の敗戦なくして、長州藩は成立していないわけだからねー。歴史って面白ーい( ̄▽ ̄)
萩市なら俺の中では「緋が走る」だなw
昔、働いてた会社の専務が長州力の大学時代の先輩だった。
萩のショッピングモール
11月3日bigで見かけ 失礼ながら写真を後ろから 隠し撮りをさせてもらいました。雨の中グリーンのレインジャケットを着ていて 店の前に189日と書いてある自転車を止め入って行かれました。
それから思い出しては 検索して楽しみに見させていただいてま~す。
Re: タイトルなし
> 萩楽しみやわ〜(*^_^*)
> 奇遇にも今、萩藩のご先祖様の元就のお膝元吉田郡山にいるんだよね。元就の活躍、関ヶ原の敗戦なくして、長州藩は成立していないわけだからねー。歴史って面白ーい( ̄▽ ̄)

お、元就は中国地方の大大名ですもんね^^
くわしく背景知っていくと、ますます歴史は楽しくなっていくという無限ループ!!
まだまだ旅を続けてるおしゃ~さんがウラヤマシぃー(´▽`)
Re: タイトルなし
>マグロさん

> 萩市なら俺の中では「緋が走る」だなw
> 昔、働いてた会社の専務が長州力の大学時代の先輩だった。

ほー、聞いたことないと思ったら、陶芸のマンガなんですね^^
長州力も、それが由来なんだー知らなかった( ゚Д゚)
Re: 萩のショッピングモール
>miさん

> 11月3日bigで見かけ 失礼ながら写真を後ろから 隠し撮りをさせてもらいました。雨の中グリーンのレインジャケットを着ていて 店の前に189日と書いてある自転車を止め入って行かれました。

コメントありがとうございます!!
先ほど11/3の記事を上げました(*'▽')
萩往還に行った帰りでしょうねそれは!!あの日は雨が降ってて寒くてしんどかったです…


> それから思い出しては 検索して楽しみに見させていただいてま~す。
ありがとうございます^^
あと60日近く更新が残っているので、これからも気が向いたら是非ご覧くださいね◎
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。