Article

                   
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

[第143章] 9月11日 ★なじょにがすっぺ★

category - 岩手→宮城
2013/ 10/ 26
                 
久しぶりに日本海に出た◎


そういえば、今日のブログにも登場するJunnnnnnmn!!が、昨日自転車日本一周のゴールを果たし、今日その記事をブログであげておりました(^ω^)

[10月25日 旅201日目]最終日 ゴール!


道中で出会った日本一周チャリダーたちのゴールラッシュが続いておりますが、Junnnnnnmn!!とは、ねぶた期間を含めると、なんと1か月以上も寝床を共にした(決して一緒のテントでは寝てない><フジコーさんのテントで寝ても良いですかという誘いはすべて断った)仲間であるため、彼のGO-るには感慨深いものがあります!!


自転車で日本一周を達成したら、どんな景色が見えるのでしょうか?

やっと3/5周くらいのところまで来ましたが、僕は何かをつかんでいるのでしょうか?

まあもともと自分探し!とか自分変えたい!とかそういう理由で出たわけではないんで別に何かを見つける必要はないんですけどね^^

これからも自分のペースで、日本を見て、感じて、走り回っていきたいと思いマス!!


とりあえずJunnnnnnmn!!お疲れ様(*^^*)
波照間の記事も楽しみにしているよ!!



143日目!!

143(54).jpg


143(4).jpg
とある方のところで起床です^^


本日は、東日本大震災からちょうど2年と半年が経った節目の日

そして、陸前高田でボランティアを行う日です!!

起きたら準備して、Junnnnnnmn!!と共に、復興サポートステーションまでシャーッと走ります(=゚ω゚)

この日のJunnnnnnmn!!のブログはコチラ!!
[9月11日 旅157日目]陸前高田ボランティア


143(7)a.jpg
到着☆


前回の記事で全く説明ができていなかったため、陸前高田市でのボランティアについて少し説明を


陸前高田市でボランティアをしよう!ということになって調べてみた結果、たどりついたのが「特定非営利活動法人 P@CT」という団体でした

P@CTは、2011年7月に陸前高田市災害ボランティアセンターの有志スタッフにより結成され、東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市を拠点として、復興支援活動を行っています

こちらでは飛び入りでもボランティアを受け入れているらしく、a.m.8:15頃までに復興サポートステーションに集合すれば、基本的にはボランティアを行うことができます


詳しくはコチラ
特定非営利活動法人P@CT


143(8)a.jpg
ボランティア活動のスケジュール^^


143(11).jpg
まずは朝礼!!

スケジュールに記載されている通り、ここで陸前高田市の現状についての説明があります

2年半の月日が流れ、街の様子もだいぶ良くなりましたが、まだまだ復興への課題は山積みなのだそう

そして、ボランティアをすることの意義を教えてもらいました

基本的にボランティアしに来る人のほとんどは「復興の力になりたい」という心一つで来ています

しかし陸前高田の復興計画は膨大なもので、それを遂行するためには計画を指揮する行政や、重機のパワーに頼った方が手っ取り早い

それなのになぜボランティアが必要なのか?

この段階において、ガレキの大部分は撤去され、草刈りも目途がたっている中、ボランティアを行うことに意義はあるのか?


このような問いかけをしたうえで、代表の方は、ボランティアには「地元の人を勇気づける力がある」とおっしゃっていました

たしかに仕事の効率という面では、ボランティアの力に頼っても意味がないことかもしれません

ですが、世間の目が震災から離れて行っている現状、こうして活動に来てくれるということが、そこで復興に携わる人や現地の人の心理的な支えになると

そういう意味で、ボランティアはとてもありがたいそうです

朝礼ではボランティアを行うにあたっての注意事項も述べられましたが、逆に現地の方の目が向いている以上、ふざけたことや不謹慎なことはしてはならないとも言われました

以前ボランティアに来ていた人で、川に石を投げてで水切り遊びをしてはしゃいでいたという事例を聞きましたが…信じられないですね



143(10).jpg
朝礼が終わった後は、受付の開始!!

今日の参加者は30~40名ほど

普段を知らないので、この人数が多いのか少ないのかはわかりません><

143(12).jpg
軽トラに荷物を積んで、準備OK◎

僕とJunnnnnnmn!!も、他のボランティアさんに乗せてもらって現場へ移動です!!


1433200(1) (15)

1433200(1) (8)
本日の現場は、津波の被害にあってからそのままの状態で取り残されている体育館近辺


そして作業の内容は、被災された方の「遺品の捜索」

土の山を崩し、さらにそれらをふるいにかけて、遺品を探すというものだそうです!!

中には遺骨も含まれるそうで、気を引き締めて行わなければなりません!!


1433200(1) (9)

1433200(1) (13)


1433200(1) (14)
午前中は、こういった土の山をスコップで解体し、台車で運ぶという作業が延々続きます!!

まあ作業自体は、日本一周チャリダーからしたら大したものではございません^^

いつもはふざけまくっている僕とJunnnnnnmn!!ですが、この時ばかりはえっさほいさと動き回る!!

皆で力を合わせて山を崩します!!


143(21).jpg
休憩時間

20分作業した後10分休憩というサイクルなので、熱中症でダウンーという心配は微塵もありません
ポカリもセルフで飲めますしね^^

あと遅れましたが、現場の撮影について、「休憩中なら撮っても構わない」とリーダーに許可を得ることができたため、ボランティア中のブログの写真については作業風景がありません><


なじょにがすっぺ
ポカリ飲む用に支給されたコップにはこんなメッセージが

「なじょにがすっぺ」

震災直後はこの思いがあったかも知れませんが、最近はこれを実感する機会がありませんね(*_*)

東日本大震災に限ったことではありませんが…

常にこの思いをみんなで共有できる社会になればいいなぁ


午前中の作業が終わると、長い1時間の休憩に入ります

時間を持て余していたので、許可を取り、体育館の様子を慎んで撮らせていただくことにしました


1433200(1) (26)
瓦礫に埋もれている看板


1433200(1) (16)


1433200(1) (19)


1433200(1) (17)
シャワー室、トイレがあった部屋だとは認識できるけど…


143(29).jpg
2階がありません


1433200(1) (22)
上がるには脚立を使って


1433200(1) (23)
上もひどい状況…

1433200(1) (24)
実際に震災の爪痕に立つと、いろんな感情が渦巻いてきます

「本当にこの場所で震災が起こったんだ」
「被災地のために自分は何をしてこれただろう」
「どこか他人事だと思っていたな」

そんな考えが、頭を駆け巡ります…



1433200(1) (27)
午後の活動開始!!
崩した山をふるいにかけ、遺品を取り出す作業を行います

143(42).jpg

これを使って遺品が無いかひたすらフリフリ…

143(41).jpg

143(44).jpg
作業のようす
休憩が宣告されてから撮ったやつですよ^^

2時間ほど行ったのですが、全体として何の成果もありませんでした;つД`)


143(48).jpg
後片付けをし、復興サポートステーションに帰還!!

およそ6時間という短い時間でしたが、陸前高田でのボランティア活動はこれにて終了です!!


実際に活動をしてみて思ったのは、「一人ひとりの力なんてたかが知れているなと」ということ
ネガティヴですみません><

あれだけの人数が集まって山2つしか崩せなかったし、挙句成果はなしでしたからね(T_T)

でも、こうして少しでも被災地の役に立てたことはともかく、何より陸前高田での現実を理解できたことは、大きな収穫でした!!

この経験を持ち帰って、何かに活かせるようがんばろう!!


143(56).jpg
お別れの記念撮影☆

ありがとう、陸前高田!!
みんなの復興させようとする信念を感じて、逆にこっちが勇気づけられました!!
また来ます!!


ボランティアを終えた後は、フォイフォイ走ります◎
日没までに見ておきたいものがあるので…


143(61).jpg
アッ!
Junnnnnnmn!!が何かを発見した(; ・`д・´)

ついに…

143(60).jpg
miyagiiiiiii!!

2回目の宮城県突入です!!

でも立ち止まっているヒマはない!!アップダウンを乗り越えていくと…

143(68).jpg
気仙沼市街に入りました
なんとか明るいうちにこれた(;´Д`)
つまり、アレがもうすぐ見えてくるはずなんですが…


143(72).jpg
ありました

そう、気仙沼市は、東日本大震災に伴って起こった津波によって漁船「共徳丸」が市街地に打ち上げられたことで有名ですね!!

143(81).jpg
こんな駅前にあるんや…

震災の遺構としてこれまで残っていたんですが、それも住民の反対多数により、数日前から解体作業が行われているのでした…

これも実際に見ることができて良かった!!

143(84).jpg

143(88).jpg近くには、気仙沼市の復興商店街「復幸マルシェ」がありました◎

僕たちが被災地のためにできることは、現地に足を運び、そしてお金をたくさん使うこと(身分上あまり使えないが)

その時が来たようだ!!


1433200(1) (51)
焼肉を食べようということになり

1433200(1) (55)
目の前においしそうなNIKUが!!

こいつを…

1433200(1) (56)
junnnnnnmn!!


1433200(1) (58)
juwaaaaaaa!!


143(99).jpg
「食べる?」

こうしてめったに食べることのできない焼肉に舌鼓を打つのでした(*'▽')

143(103).jpg


143(100).jpg
あとはシャーッと走って、道の駅「大谷海岸」が、本日の寝床です☆

今日は本当に濃い一日でしたとさ^^大変長くなってしまい申し訳ありません><


最後に…


こうして震災の跡地に直接立って、聴覚、触覚、視覚…いろんな感覚を使って現実と向き合えたことで、やっと自分の言葉で言えます

「2年半前の2011年3月11日、ここで本当に震災が起こったんだ…」

テレビや新聞を見ることではわからなかった

もはや東日本大震災が起こったことは誰もが知っているでしょう

けど、伝え聞いたことと、実際に来て体感することは、まるで違います

機会があれば、震災の跡地を、自分の目で、肌で、心で、感じてみてください!!




143日目 9月11日★まとめ


走行距離:37.0
総走行距離:7274.7


到着地:道の駅「大谷海岸」


明日からも、被災地をめぐる冒険は続きます!!


ブログランキングに参加しています!!
良ければクリックしてください^^笑顔とクリックで~世界を照らし出せ~♪
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
                         
                                  

コメント

非公開コメント
        

前から思ってたけど、フジコさんヒルクライムっぽいですよね!笑
Re: タイトルなし
> 前から思ってたけど、フジコさんヒルクライムっぽいですよね!笑

え、そんなん初めて言われたけど!!
てかそれほぼグラサンのせいでしょ^^
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。