山口

              
        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

【第229章】 12月13日 ★いちばん好きな道の駅★

category - 山口
2016/ 03/ 07
                 
229日目!
229日目 3200(1) (17)

229日目 3200(1) (4)
道の駅「みとう」からのスタート!
雨が降ってます><最近天気悪いですね…


229日目 3200(1) (9)
駅長が早めに来て準備してくださり、出発できるまでの間雨宿りさせてもらうことに。

229日目 3200(1) (5)
コーヒーを淹れてくださいました。温まる~(´▽`*)

229日目 3200(1) (8)

229日目 3200(1) (14)

229日目 3200(1) (7)
さて、この道の駅「みとう」、旅人の間からは「最高の道の駅」として慕われています。

ここのスタッフは、
「みとうに訪れた方には笑顔になってもらいたい」
という信念のもと、働いておられます。

そのためにできる限りのことをしようと話をされていました。

道の駅で宿泊するという行為はあまり受け入れられていないのが現状ですが、
駅長始め、みなさんが快く受け入れてくださったおかげで、安心して眠ることができました。

本当にありがたい。

日本一周を「させてもらっている」ことを改めて実感します^^


229日目 3200(1) (11)
さて、「みとう」のオリジナリティと言えばこれ!

訪問者の写真をこのように飾っています。
日本一周チャリダーのコーナーには知ってる人たちがわんさかいました(;'∀')
日本一周中に会った方では、かぶまっきー、ゆーじろーさん、かねみん、蛸さんがいたかな?
あと、僕が泊まった前日にぁけぉめのクソヤマがここに宿泊してるので、彼の写真もありましたね(´Д⊂ヽ


僕のも飾ってもらえることに!

229日目 3200(1) (13)
おお!
良い感じです◎
みとうに行ったらこの写真があるはずなので、探してみてね^^

別でもう一枚いただけたため、それは今自室に掲示してます(^◇^)


雨がやまないため出発できずくすぶっていると…


「朝ごはん食べてきなー」




(*´Д`)




229日目 3200(1) (12)
お言葉に甘えます…。

離れにある食堂から、駅長が持ってきてくださいました。
もう親切すぎて直視できないレベルですよ(;^ω^)

229日目 3200(1) (19)
あまりにもかたじけないので、おいしそうな飲み物を購入させていただきました!
この瓶についてるシール、チャリに貼ってます。

雨も止んだところで、駅長と記念写真を撮って出発。
ありがとう、道の駅「みとう」!

いちばん好きな道の駅です◎


229日目 3200(1) (20)
しばらく走ると山口市にin!
ちらっと見えてますが、山口県のガードレールって、夏みかん色なんですよね。
特産品をさらりとアピールしてます(*‘∀‘)


229日目 3200(1) (21)
ささ、山口市に来たということで、恒例行事です。

229日目 3200(1) (33)

229日目 3200(1) (25)
12月13日 都道府県其の39 山口県庁、制覇!
県庁の雰囲気…特筆すべき点は無い(*_*;
まあよくある建造物です。

229日目 3200(1) (39)
「山口駅」
これは…かなりショボぃぞ(´・ω・`)
県庁所在地の中心にある駅とは到底思えない…。


229日目 3200(1) (38)
アーケード街もこぢんまりしている。
うーん、これはこれで良いのかも知れませんが、寂れているという印象です(+o+)
下関市の方が明らかに活気があったなぁ。

229日目 3200(1) (42)
雨で出発が遅れたので、山口市の散策もそこそこに進みます。
このあたり道の駅無いから、どこで寝ようかなということを考えながら走ってました><

229日目 3200(1) (1)
夜にブログ更新して、

229日目 3200(1) (2)
「周南市立図書館」
都会での寝床は図書館になりつつあるな(;・∀・)
けっこうリスク高いですからね…


229日目 12月13日★まとめ

走行距離:72.6
総走行距離:12872.3

出発地:道の駅「みとう」
到着地:周南市立図書館

明日は広島県に突入!
日本三景で鹿と戯れましょう◎

ブログランキングに参加しています!!良ければクリックしてください^^ 

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村             
スポンサーサイト
            
                                  
        

[第190章] 11月4日 ★金子みすゞと角島★

category - 山口
2014/ 01/ 25
                 
190日目
190 3200(2)

190(4).jpg
道の駅「萩しーまーと」からのスタート!!

雨あがったワーイ^^


190(5).jpg
僕が起きた時、オサダさんとアオイハリーさんはテントを片しているところでした(;゚Д゚)
出発はやーい^^さすがは日本一周チャリダー&カブダーだ!!

二人を見送って、ぼくも出発します◎

 

190(10).jpg
何往復もした「維新ロード」を通って萩市を後にします。
萩市、期待していた通り、歴史の息吹を感じることができる魅力的な都市でした!!
日本一周で訪れた都市の中ではトップクラスに好きっす(´▽`)

今の日本の仕組みを作ったと言っても過言ではない萩市…
人の心を動かす何かが眠っているであろうこの街に、また必ず来たいなぁ^^


190(13).jpg
今日は長門市を経由して、角島の近くにある道の駅を目指します(*'▽')
明日には九州に入りたいと思っているので…下関までの距離をジワリジワリと縮めていかねば!!

しかし萩の市街地を抜けると、


190(17).jpg

190(22).jpg

ジェジェッ…
登り坂が多いな(; ・`д・´)
この辺りは自動車道が多く、迂回させられて山道をとおるはめになります><

190 3200(3)
でも眺めは爽快◎
今日も天気良くないけど(;´・ω・)


190(19).jpg
道の駅「萩さんさん三見」にピットイン
以前も書きましたが、2連泊した「萩しーまーと」、松陰記念館に行きたいがために寄った「萩往還」を含め、萩市には道の駅が3つもあるんですね^^そんなに集中させんでも…

でも宿泊に使うなら、「萩しーまーと」が断トツです。
他2つがテントはみ出る軒下しか無いから比べるまでもないんですけど(;´Д`)


190(23).jpg

190(24).jpg
長門市に入りましたが、市街地に至るまでは山道が続きます…
山陰の中ではこの辺りはきついところかも知れませんねぇ><
三陸リアスやヤンバルの森に比べたら全然大したことないんですけどね◎

190(25).jpg
眺めの良い道をジョバジョバーと進んでいって、長門市街地へ向かいましょ◎

長門市と言えば、

190(27).jpg
大正時代に活躍した童謡詩人「金子みすゞ」の出身地なんですね^^


190 3200(4)
市街地の近くには、「金子みすゞロード」があります(^◇^)

190 3200(5)
ここをまっすぐ行くと、途中にあるのが「金子みすゞ記念館」

金子みすゞの実家「金子文英堂」という本屋の中にあるみたいですね^^

実はここ、山口県で萩市と並ぶくらい、絶対に来たいところだったんです!!
小学校の国語の授業でいちばん心に残っているのが、金子みすゞの代表作【私と小鳥と鈴と】を取り扱ったやつで、
それから図書館行くたびに詩集を読み漁ってたらファンになってしまったんす(*´▽`*)



震災後にいろんなところで報道された【こだまでしょうか】は、記憶に新しいですね。

【こだまでしょうか】や【私と小鳥と鈴と】など、子どもの世界を歌った詩人と思いきや、実際には「自然」とくに「海」に関する詩が多くありました。



【大漁】─────────────────

朝焼 小焼だ 大漁だ。

大羽鰮(いわし)の 大漁だ。

浜はまつりの やうだけど

海の中では 何万の

鰮の とむらひするだろう。

─────────────────

人は大漁を喜ぶけど、鰮にとっては悲しい弔いになる。
大漁の風景を、魚の視点からとらえています。
当時このような視点の詩が書けたのは金子みすゞだけと言われていたそうで、このように「いろんなできごとを、どの立ち場からでも描写できる」ことが評判となり、この作品をきっかけとして、詩人として一躍有名になります。

弱いものを強いものと対比させ、それを浮き彫りにする。
気づけないことに気づかせてくれ、ハッとさせられる、そういう温かい眼差しから読まれる詩が、魅力の一つですねぇ(*´▽`*)


それを象徴するようなこんな詩が!!
心に残った作品を挙げたらきりがないですが、特に僕が大好きなやつを2つだけ紹介します^^


【積もった雪】─────────────────

上の雪
さむかろな。
冷たい月がさしてゐて。

下の雪
重かろな。
何百人ものせてゐて。

中の雪
さみしかろな。
空も地べたも見えないで。

─────────────────


ここで金子みすゞが思いを寄せるのは、表面からは見えない内側の雪のこと…
普通に生活していたら絶対気にしないでしょ(;・∀・)


詩集『星とたんぽぽ』より─────────────────

夜がくるまで 沈んでる。
昼のお星は 眼に見えぬ。

見えぬけれども あるんだよ。
見えぬものでも あるんだよ。

─────────────────

目には見えない、昼間に出ている星に着目しています。
シンジラレナイヨ…


誰も気づかないことを発見し、さらにそれを深く見ているような…
思いがけない視点で、常識がひっくり返されてしまう…ほんまにすごいパワーを持った詩がなぜこんなに書けるのやら(;゚Д゚)

金子みすゞの詩は、今や画家、作曲家、いろんなアーティストに影響を与えていると言われています。


感性豊かな金子みすゞですが、私生活は壮絶なものでした。
夫の遊郭通いがたたり、性病を移されたことが原因となって創作活動が次第にできなくなり、
さらには夫から詩を書くことを禁じられ、最後は睡眠薬を大量に飲み、26歳という若さで自殺してしまいます…。


かなりくわしく紹介しましたが、それだけ僕は彼女の世界観が好きなんです(*´▽`*)
記念館自体は撮影禁止で写真はありませんが、金子みすゞの実家がそのまま再現されているスペースや、年表、詩集の紹介など、充実していました!!
他にももっともっとたくさんの、心が温かくなるような良い詩に出会えたり、それが生まれた背景なども知ることができます!!
長門市に訪れた際は、是非、寄ってみてください!!


190 3200(10)
みすゞロードの終着点には、金子みすゞのお墓があります。

生きていたらもっと、いろんな感動を生み出していたのでしょうが…
お墓参りして、出発です!!これからもみすゞちゃんの作品に触れていきたいですね^^


190(68).jpg
さあ、後は角島を経由してヒョイヒョイ走るだけ!!
山口県特有の、黄色いガードレールに沿っていきましょう^^

190(66).jpg
下関市にin!!
ついに本州最西の都市に入りました^^

今日はあと、角島大橋をヒャッハーと走るというミッションが残されているのですが、

190(72).jpg
やばい日が暮れてキター!!
しかもこの辺りも安定のアップダウンだしよう…
金子みすゞ記念館で時間使いすぎた僕が悪いんですけどね((+_+))


190(75).jpg
なんとか真っ暗になるまでには橋を渡り始めることができました。

190(74).jpg


190 3200(12)

190 3200(15)

190(76).jpg
一日曇りだったので雲がすごい出てますけど、夕陽が沈むタイミングにも間一髪!!

良かったー(^^;)


190(80).jpg
角島自体には興味があまり無い、というかもう暗いので、ちょろっと入口だけ散策してUターンです◎


190 3200(17)
ただこの角島大橋、快晴の時にシャーッと走り抜けた方が楽しいでしょうねぇ(';')
それにしても風強すぎィ!!


190(88).jpg
完全に日が暮れてから、角島からちょっといったところにある道の駅、「北浦海道 ほうほく」に到着。
本州四端協定があるらしく、本州最東の市、宮古市との友好関係があるということでこんな張り紙が。
被災地で過ごしたことを思い返したりしていました(`・ω・´)

比較的新しくできた道の駅ということで、とてもキレイ!!


190(94).jpg
さすがに11月の山陰はサムイなー><
新潟から実家がある熊本まで歩いて帰省するというぶっとんだトホダーの方がいらしたので、少し話して就寝です^^



190日目 11月4日★まとめ


走行距離:81.9
総走行距離:10367.4 


出発地:道の駅「萩しーまーと」
到着地:道の駅「北浦街道 ほうほく」


次回、本州最西端の地を踏んで、ついに九州上陸デス!!


ブログランキングに参加しています!!良ければクリックしてください^^ 
鈴と、小鳥と、それからクリック、みんなちがって、みんないい。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村                          
                                  
        

[第189章] 11月3日 ★今日もハギィ!!★

category - 山口
2014/ 01/ 23
                 
189日目!!
189 (2)

189 (9)
道の駅「萩しーまーと」からのスタート!!

今日は久しぶりにキツメの雨が降ったので、萩市に停滞です(-_-)
まぁまだ周り足りないのでちょうどいいですね^^雨宿りしつつジワジワと観光していきましょう。


189 (3)


189 (6)
オサダさんは雨でも出発するみたいですねぇ(;'∀')
寒いのにようやりますなぁ…さすがは日本一周チャリダーだ!!

189 (11)
カブダーのアオイハリーさんは道の駅に停滞するとのことなので、見送られて出発です◎
行ってきまーす(´▽`)

189 (12)
が、すぐに土砂降りになったので、近くのLAWSONに避難( ;∀;)
結局ここで昼ご飯食べつつ、昼過ぎまで2時間近く時間潰しました…

食べ終わった後は意を決して走ります><


189 (13)
ずぶ濡れになりながらも、道の駅「萩往還」へ
萩往還(はぎおうかん)は、江戸時代に整備された街道の一つで、長門国の城下町である萩と、太平洋側の周防国三田尻(現在の山口県防府市)とをほぼ直線に結ぶ、50km以上に及ぶ街道のことを指します。

その途中にある道の駅なんですね!!萩市内から少し外れるのですが、せっかくなので寄ってみましょう^^


189 3200(17)

189 3200(14)

189 3200(16)

189 3200(15)
道の駅の外には、維新の立役者たちの銅像が!!

189 3200(6)
「松陰記念館」
ここに来たかったのが、この道の駅を訪れたいちばんの理由です(*'▽')


189 3200(13)

189 3200(11)

189 3200(10)

189 (21)
松陰記念館では、松陰の歩んだ足跡を学ぶことができるコーナーや、実際に松陰がしたためた手紙などが展示されています!!
松陰直筆の『留魂録』が原文のママあるとは!!

さーらーにー


189 3200(8)

189 3200(5)
松下村塾が、人形を使って再現されています!!
なんというリアルな(;゚Д゚)

松陰の指導は、門人たちの求めに応じて、一人一人が別々に指導を受ける形で行われていたそうです。
今の学校教育のように、クラスのみんなが一斉に同じ授業をするという形では無かったみたいですね(*^^*)

そして身分制度にとらわれない教育が行われていたことも重要です。武士の子も足軽の子も農民の子も…みんなが同じ地べたを共有して学ぶということは当時では珍しいことでした。


そういえばこの人形のレプリカ、実際に声が出るようになっていて、古代中国の思想家「孟子」の教えについての講義を行っていたのですが、自分の体験や具体例を交えて説いていたのが印象的でしたね~(^◇^)

「門人たちと共に学び、それぞれの人に合った、人としての生き方を考えさせようとしていた」と説明されていましたが、もしまた教職に就くことがあれば、こういう姿勢を見習いたいなぁー◎


自分の目、耳、肌、心で感じたこと、つまりは経験。
それは忘れたくても忘れることができない、一生自分の糧になるもの!!
昨日もちょこっとふれましたが、自転車で日本一周の動機としては、それがいちばん大きいものだったし、実際に毎日実感しています(*^^*)

いや~ここに来てますます吉田松陰に魅了されましたよ(*'▽')




松陰記念館を出た後、雨があがったので引き続き昨日行き残したところを攻めていきましょう!!
ちなみに、ここの道の駅「萩往還」は軒下狭いのであんまり野宿には向かないかな?
萩市にはなぜか道の駅が3つあるのですが、泊まるなら昨日今日利用した「萩しーまーと」がいちばんですね^^
それにしても…これ以降の山陰は道の駅少ないから、ばらけさせてくれても良かったろうに…(;´Д`)


189 3200(20)
「桂太郎旧宅」

桂太郎は、伊藤博文、山県有朋に続き、3人目の長州藩出身の内閣総理大臣を務めた人です。
1901年以来、なんと3度も内閣総理大臣に就任し、日英同盟の締結などを果たしました。

これも昨日チラリとふれましたが、明治前期は薩摩・長州出身者が政府の要職を独占していた藩閥政府でしたからねぇ、この辺りには首相経験者がわんさかいるみたいですよ^^

そういえば、現在の安倍首相も山口県出身ということで、彼は長州人というこだわりを持っていると言われていますね(;・∀・)
アベノミクスを「3本の矢」に例えたりしてましたし…言うまでもなく、長州藩主毛利家の始祖、毛利元就のアレそのままじゃないか><


189 3200(24)
「前原一誠旧宅」

新政府の参議を務めるも、木戸孝允や大久保利通と意見が合わず萩に下野。
新政府の方針に不満を持ち、同じく秩禄(給料)が廃止されたことに憤慨する士族と結び、「萩の乱」の首謀者となりましたが、鎮圧後に刑死します。

体制が変わることで、大多数の人物は以前の立場を失い、生活が変わるわけですからね。
革命が行われた直後が、いちばん苦しい時期なのかもしれません(*_*)


189 3200(30)
「萩城址」
天下分け目の関ヶ原で戦わずに敗れた毛利輝元が、家康に指定された地に築いた城です。
毛利家はもともと広島が拠点だったのですが、敗戦によって辺境に飛ばされてしまったんですね(・´з`・)
そーいう過去があったからこそ、長州が倒幕の中心になったのは必然だったのかもしれません…つくづく歴史は面白いナァー^^


189 3200(35)

189 3200(36)

189 3200(37)

189 3200(34)

189(53).jpg


189 3200(39)
築城者の毛利輝元の銅像が。

現在残ってるのは天守台のみなのでサクッと周れますね(^<^)
入口にあったカウンターが閉まっててスタンプが押せなかったけれども…

189(57).jpg
今日も観光を満喫したので、城下町を通って帰りましょう◎


189(61).jpg
マックでブログを書いた後、道の駅「萩しーまーと」へ帰ります^^
ありゃ、見覚えのあるテントが…

オサダさんとアオイハリーさんもここに停滞するのね(;´∀`)


189(62).jpg
今日は着いたのが23:00過ぎになってしまったので、すぐにテント張っておやすみなさ~い^^





189日目 11月3日★まとめ


走行距離:22.1
総走行距離:10285.5 


明日は萩市を出発!!
みどころいっぱい山口県!!みすゞちゃん&角島ツアーです(´▽`)


ブログランキングに参加しています!!良ければクリックしてください^^ 
…大人のクリックよ。帰ってきたら続きをしましょ…

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村                          
                                  
        

[第188章] 11月2日 ★長州の遺産★

category - 山口
2014/ 01/ 22
                 
188日目!!
188 3200(1) (3)

188(1) (3)
道の駅「ゆとりパークたまがわ」からのスタート!!
久々のテント泊でした(*'▽')


188(1) (7)

188(1) (9)
バイカーのお姉さんと別れた後は、向かいにあるポプラで朝ご飯です^^
やたら色のうっすーいポプラだったけど、歴史ある萩市の景観を壊さないためなのかな?

カレーうまーい


188(1) (14)
さあ、今日は萩市の中心部に切り込んでいきます。
萩市、自転車日本一周中に行くのが楽しみな都市BEST3に入るくらいなんです!!

日本史では幕末がいちばんロマンがあって好きなんですけど、萩市には幕末の日本を動かした長州藩の遺産が盛りだくさんですからね(^v^)



というわけで、今日のブログはやたら長くなりそうだ…><
歴史に興味かったらめちゃくちゃたるーい感じになると思うけど、許してね☆


188(1) (29)
ムムッ!!

188 3200(1) (7)

188 3200(1) (9)
この辺りは海がめちゃくちゃきれいだぞ!!
あの「シャコタン・ブルー」をしのぐほどではなかろうか!?(4回目)

あんまり寄り道する時間無いのに思わず海岸に下りて来ちゃった(;'∀')
別にこの海、名前も何もついてないとこなんですけど、とても美しい場所でした。

旅をしてると何気ない日常の中に感動がたくさん落ちていることがわかります。
名所や観光地に行かなくたって、それはそこらじゅうに落ちていて、

いつもと変わらない空の青さだったり、日没の時刻になれば沈んでいく夕陽だったり、夜になると顔を出す星の明るさだったり…それこそ毎日チャリこいでるといろんなものに出会えます…

でも、そーいうもののほとんどが別に旅をしていなくても出会えることだったりするしますから、旅しててもしてなくても同じことなのかも知れませんね(*^^*)
ゆーじろーさんもよく書いていましたが、僕も自転車日本一周に出かけてから、「世界はいつだって美しい」ということがちょっとずつわかってきたかな?

これからも常にアンテナを張りながら、おもしろく生きていきたいですね!!

188(1) (31)
そんな柄にもないことを考えながら走っていると、道の駅「阿武町」到着。

188 3200(1) (15)
今日泊まった「ゆとりパークたまがわ」と並んで、道の駅の実験が行われたところです^^

188 3200(1) (18)

188 3200(1) (19)

188 3200(1) (20)
萩市の中心部に入ってくると、こーいう歴史を匂わせる感じの所が多くなってきます。
長州藩の拠点となっていた萩市は、維新を主導する多くの人材を輩出しており、幕末の歴史を動かしていくこととなるのです!!

そんな萩市でいちばん有名な観光地と言ったらここかな?


188 3200(1) (22)

188 3200(1) (24)
「松陰神社」
あの、吉田松陰が祀られているところですね^^

僕がなぜ自転車で日本一周をしようと思ったか?それはこの吉田松陰にインスパイアされたというのがとてつもなくでかいです!!

もともと兵学師範だった吉田松陰は、海防の状況の調査、当時の外交の窓口であった長崎・平戸などで国際情勢を学ぶ中で、国防の危機を察知します。
「視野を世界に広げなければならない」という思いから、下田からアメリカへの密航を企てますが、その計画は失敗に終わります。
書物や伝え聞いた話だけではだめだ!実際に異国を見なければ!!という思いがあったからかどうかはわかりませんが、その行動力は計り知れないものがあるでしょう。



188 3200(1) (38)
鳥居をくぐると石碑が。
松陰辞世の句が載っていました。

「親思う こころにまさる 親ごころ きょうの音づれ 何ときくらん」

尊王の大義を唱えていた松陰でしたが、それが幕府を刺激してしまい、いわゆる「安政の大獄」で捕えられてしまいました。この歌は処刑前に、郷里の両親に宛てたものとされています。

松陰は処刑されてしまいますが、彼の教え子たちが、維新の原動力となっていくのです!!

188 3200(1) (26)
「松下村塾」

密航失敗後、松陰は萩に戻って人材育成に励みます。


188 3200(1) (28)
講義室のようす。


188 3200(1) (25)
ここで学んだ人たち。
半数以上が、日本史の授業で登場する超有名人たちですね(;'∀')


188 3200(1) (34)
これが本殿かな?

神社自体はちょろっと散策して終わりです!!
まだまだ見に行きたいところが山ほどありますからね◎この近くにも松陰ゆかりの地があるということで、行ってみましょう^^

それにしても、次の大河ドラマが吉田松陰の妹「文」が主人公ということで、来年からはすごい人がくるんだろうなー…


188 3200(1) (44)
「吉田松陰の墓」

お墓参りをしましょう。
お墓自体を撮るのはどうかなーと思ったので、写真はありません><

188 3200(1) (56)
「吉田松陰誕生地」
墓から歩いていける距離にあります。

188 3200(1) (54)
萩藩士杉家の旧宅地で、松陰は杉百合之助の次男としてここに生まれ、19歳までここで過ごしたそうです。


188 3200(1) (52)
近くには銅像が◎
これは密航を企ててるとこですね!!弟子が必死に止めようとしてる(^<^)

松陰関連のところはひとまずこの辺で終わらせるとしましょう!!
明日もたくさん行きますが(;^ω^)


188 3200(1) (62)
「伊藤博文旧宅」
初代内閣総理大臣、伊藤博文(俊輔)が住んでいたとこですね!!

188 3200(1) (59)
これも近くに銅像が◎
彼は農家の出身だったのですが、身分を問わない松陰の松下村塾で学び、長州藩士として尊王攘夷に奔走するのです!!
身分制度が無くなるというのはすごいですねぇ…まあ明治前期の政治は藩閥政府(維新に功績があった者が優遇される)だったんですが(;´Д`)


188 3200(1) (63)
カッコイイ名前の道をサクサクーと走り…

188 3200(1) (64)
「明倫館跡」
長州藩の藩校で、萩市の他に山口市にもあるそうですよ^^

萩市の明倫館は、小学校の敷地内になってたから入りづらかったな(;・∀・)


188 3200(1) (85)

188 3200(1) (67)
「萩城城下町」のゾーンに入って来ましたよ!!
萩市ではここがいちばん雰囲気良いとこですね^^その分観光客も多いですが><

長州藩出身の人で、この人を忘れてはなりません!!


188(1) (118)

「寄りすぎィ!」
はい、高杉晋作さんです(´▽`)
言わずと知れた、長州藩の倒幕運動の指導者!!
身分にこだわらない兵隊組織「奇兵隊」を創設したのは、当時の情勢から見たら画期的とされています。吉田松陰に学んでいたわけですから、そういう発想が出るのも自然なことかもしれませんね^^
日本を変えるために奔走するのですが、病にかかり、新しい日本の夜明けを見ることなく、亡くなってしまいました。

そんな高杉晋作に関連したところがこの辺りにはたくさんありますよ!!

188 3200(1) (69)
広場には銅像が^^

188 3200(1) (74)
たまには一緒に写っておきましょう(´▽`)

188 3200(1) (75)
「高杉晋作誕生の地」

ここは高杉晋作の生家として公開されているので、入ってみることにしましょう^^


188 3200(1) (77)

188 3200(1) (80)

188 3200(1) (81)
当時の手紙とか私物が展示されていて、史料が充実していてだいぶ楽しめました^^
萩城下町の施設は、入場料として100円かかるところがほとんどですが、歴史好きだといつのまにかものすごい観光費になってしまいそうだ><

188(1) (129)
「木戸孝允誕生地」
長州藩尊王攘夷派のリーダー的存在だった人物ですね^^「桂小五郎」から何度も名前を変えてるようですが、坂本龍馬の斡旋で薩長同盟を成立させたこともあり、明治新政府でもトップの座についていたので、高杉さんより知名度は高いのかな?

ここも旧宅が公開されていたんですが、閉館のため断念(-_-)



188 3200(1) (91)
「久坂玄瑞誕生の地」
久坂玄瑞(くさかげんずい)、ご存知でしょうか?
日本史の授業で出てこないので、あまり知られてないのかな?

188 3200(1) (92)
僕は大河ドラマ『龍馬伝』でその存在を初めて知ったのですが、彼も長州藩の重要人物ですよ!!
長州一の秀才と松陰から認められていたそうで、松下村塾で学んでいた松陰の弟子の中でも「松門の双璧」として、高杉晋作と並び、特に優れた人物と評されていたみたいです◎

そしてこれから彼がクローズアップされる時代がやってくる!!
なぜなら、さっきちらっと言った吉田松陰の妹「文」は、この久坂玄瑞と結婚することになるんですね~
もうすでに今から来年の大河見るのが楽しみだ(●^o^●)


それだけでなく、この久坂玄瑞が「坂本龍馬」を生んだとも言われています。

龍馬が土佐勤王党という組織に所属していた際、そのリーダー武市瑞山の手紙を届けるために萩を訪れた際、久坂玄瑞と対面するのですが、玄瑞は龍馬に、松陰の唱えた『草莽崛起論』(日本を変革するのは草の根に隠れている自分たちで、変革という大義があれば藩は滅んでもかまわないという考え方)を説きます。

うーん…なかなか過激な思想ですねこれは(;゚Д゚)

しかし、龍馬はこれに共鳴し、萩から帰った直後に土佐を脱藩!!
後に維新の主導者として、歴史の舞台に姿を現すようになっていくというわけです…

「歴史」はそのとき起こったことが積み重なって現れます。
なので知っても知ってもきりがないものですが、そういうつながりがあったことを考えるのはとても興味深いですね◎


188 3200(1) (93)
「山県有朋像」
戊辰戦争で新政府の参謀を務めた経歴があり、後に内閣総理大臣にも就任します。
その後、日清戦争・日露戦争でも指揮を執たこともあり、ずいぶん長く日本を支えているんですね!!

いかん、萩市は細かく周ってたらきりがないなー(*_*)


188(1) (140)
すっかり暗くなったところで来た道を逆戻りし、道の駅「萩しーまーと」へ

188(1) (143)
日本一周チャリダー(左:オサダさん)と、カブダー(右:アオイハリーさん)の方がいらっしゃったので、楽しくしゃべって、テント張って就寝です◎


久々にガツーンと観光でした!!まぁ明日もそんな感じになるんですけど(;´∀`)




188日目 11月2日★まとめ


走行距離:55.4
総走行距離:10263.4 

出発地:道の駅「ゆとりパークたまがわ」
到着地:道の駅「萩しーまーと」


明日は一日雨予報;つД`)
雨宿りしつつ、引き続き萩市観光です^^

ブログランキングに参加しています!!良ければクリックしてください^^ 
あんたまだ生きてるんでしょう!?だったらしっかり生きて!それからクリックしなさい!!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村                          
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。